FC2ブログ

carino *carina *小さなハンドメイドアクセサリーショップの日記*

作ったもの、猫のこと、日々のあれこれなどなどのんびり更新しています。
MENU

今日は、猫のことを。

8   0

朝から降っていた
冷たい雨が

今は

霙になったり
雪になったり


土曜日・日曜日は
とても暖かで


横溝屋敷では

画像 034

梅がきれいに
花開き…


画像 043

鶯たち

☆訂正です:鶯じゃなくてメジロでした~
   ynyanさん、教えてくれてありがとうございますm(_ _)m

賑やかに

梅の枝を
揺らしておりましたが

今日

季節はすっかり、
冬に逆戻りです。



こんにちは。


カリーノ*カリーナ
hinataです。



このところ、
好んで朝一番に聴いている一枚。
SACD盤の方で聴いていますが、
何度聴いても飽きません。
音が弾むような感じ…好きですね(*^-^)





さてさて
本日は、

ハンドメイドのお話ではなく
猫のお話です。


画像 056

仲良しの外猫、
ミルクです。

ミルクティー色の
かわいい猫です。

実はいまだに
性別が判然としません。

オットは…

去勢された性格のよい
雄猫ではないかと言っています。

でも
やっぱり

女の子ではないかと
思うときもあって

とりあえず

性別の認識は
今もって、棚上げ状態です(^-^;

ミルクは

野良猫さんですが
とても人懐こい猫です。

たぶん

以前は
人間と暮らしていた経験があり

理由あって
いまの場所を

テリトリーとして
暮らすようになったのではないかと

推察されます。

警戒心が
全くないわけではありませんが

すりすりしたり

撫でると
ぐるぐる喉を鳴らしたり

ころんと
お腹を見せることもあります(*^-^)


画像 050


毎週末、土曜・日曜は
必ず会いに行っています。

ごはんを
あげるようになって

彼是もう…

3ヵ月半ほどが
過ぎたでしょうか


ミルクのための
お食事ボウルも用意して、

最近は、カリカリだけでなく
ネコ缶もあげています。

画像 053

私たちには
かなり懐いてくれていて

オットと
私を発見すると

タタターーッと
駆け寄ってきます。


そんな可愛い
ミルクですから

オットと
私の心の中に

ミルクを
我が家に迎えいれたい…

その想いが

芽生えてきたのは
言うまでもありません。


昨年の6月に

愛しいミュウミュウが
15歳で逝ってから

我が家では
何かピースが欠けたままで…

猫と言う

あまりに不思議で
可愛い存在と暮らす喜びを

当然のことながら

忘れることは
できなかったのです。


そして昨日。

私たちは初めて
キャリーをもって

ミルクのもとに
向かいました。

もし、キャリーに
ミルクが自ら入ってくれて

嫌がらずに
我が家へ来てくれたなら

ミルクを家族にしようと
思ったのです。


ミルクは…

自らキャリーの中に
入ってくれました。

でも。
キャリーの扉を閉めたとき

ほんとうに
小さな声ですが

「出して」と鳴いて

ドアを開けるように
手を伸ばしました。

私たちは
ミルクの意志を

尊重すると決めていたので

扉を開けて
ミルクを外に出しました。

ミルクは

キャリーから
ゆっくりと外に出て

私たちから
ほんの少し距離をとって

優雅に
身繕いを始めました。


またキャリーに
入れられるとは思っていない…

私たちももちろん、
無理に入れるつもりはない…

王様のような
女王様のような

悠然とした

ミルクの姿を
静かに眺めながら

私たちは

ミルクの
パトロンとしての

役目を続けようと
心に決めました。

家族には
なれなかったけど

愛すべき
外猫さんとして

変わらず
見守っていくつもりです。

我が家に

家族となる
猫がやってくるのは

またまた
先になってしまいましたが

次の出逢いを
楽しみにしたいと思います。

ミュウミュウも
許してくれるよね?

DSC03552.jpg

それでは
本日も

おつきあいくださいまして
ありがとうございました


メルマガご登録はこちらからどうそ。
carino*carina便り

ショップはこちらです。
carino*carina






ミュウミュウと
暮らし始めた頃、
電車の中だというのに
涙を流しながら読んだ本です。
また読み返しても
きっと泣いちゃいますね…



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

応援のクリック、
心より感謝です

スポンサーサイト



SHARE

8 Comments

hana♪ says..."ミルクちゃん"
可愛いですね^^
でもご縁が無かったのかもですね~。
何時か、きっとhinataさんのところに
ご縁のあるネコちゃんがやって来ます(キッパリ)!
だから賢いミルクちゃんが遠慮したのかもですね(?_?)

ずっと読んでいってウルウルって・・
とどめは、ミュウミュウちゃんのなんとも可愛い姿
私って、まだまだ忘れられない泣き虫で~す(x_x;

目の調子は如何でしょうか?
また冷え込んできてます
お身体お大事になさって下さいねm(_ _)m
2011.02.28 18:38 | URL | #Ox/F8ibI [edit]
hinata says..."Re: ミルクちゃん"
hana♪さん

こんにちは(*^-^)

そうですね。
ミルクとは、家族としての縁は
残念ながらなかったのかも…
でも、これからも
パトロンとしては
美味しいものをもって会いに行きますよ~(^─^)
いつか、また…
運命の猫さんに逢えますよね。。。

泣かせてしまってごめんなさいヾ(^-^;)
私も、自分で書いてるうちに
ちょっと泣いてしまいました((^┰^))ゞ
猫のことを書くのは、
意識的に避けていたところがあったんですけど…
ミュウミュウのこと、
ずっと忘れずにいてくださって
ほんとうにありがとうございます!
しかし、写真を見ると
いまだにほんと号泣しちゃいます、、、

ご心配、ありがとうございます。
当分、目の方は、
あまり酷使しないようにと思っています。
今日は、本当にぐっと冷え込みましたね。
hana♪さんもどうか
お身体の調子を崩さぬよう、
お気をつけくださいね(ノ´∀`*)


2011.02.28 19:09 | URL | #- [edit]
ポントマリ says...""
ミルクの事をちゃんと考えてあげているhinataさん、
ミルクとのよいお話しを伺いました。ミルクもきっと
hinataさん達に会えるのが嬉しいんでしょうね。
かけよって来る事でちゃんとわかります。

猫は猫好きな人をちゃんと見抜くおりこうさんですから、
出逢いは自然にやってくると思います。
ミュウミュウのように、愛されて幸せに暮らした猫を
また育ててあげてくださいね。
2011.02.28 21:58 | URL | #- [edit]
hinata says..."Re: タイトルなし"
ポントマリさん

こんばんは。

ポントマリさんが名づけてくれた、ミルク。
家族にはなれなかったけれど、
大切な外猫さんとして
ずっと見守っていきたいと思っています。
毎週末、会えるのが楽しみで、
ミルクが私たちを癒してくれる…
そのことに、ほんとうに感謝しています('-'*)

そうですね…
いつかまた、私たちの家族となる、
運命の猫と、きっと出逢えますよね。
ミュウミュウと暮らした15年は
ほんとうに幸せでした。
あの幸せな時間、かけがえのない日々を
また送ることができたら…そう心から願っています。
2011.02.28 23:12 | URL | #- [edit]
ynyan says...""
ミルクちゃん 
残念でした・・・

旦那さま 首を縦にふる事なかった旦那さま
猫を迎える気持ちが出て来たのですね!

それにしてもミルクちゃん
耳も汚れてなくて と~っても綺麗な子ですね。
そのうち キャリーなくともhinataさんがお家に帰る時
後をついてくるようになるかもしれませんね。

梅に鶯っていう言葉があるので
勘違いされてる方とても多いですが
ウグイスってほとんど見かけません・・・
というより 実際見たことないかもです。
見かけてもウグイスって解らないぐらい地味な鳥で・・・(^-^;
hintaさんが撮られたこの鳥はメジロちゃんで~す。

2011.03.01 09:04 | URL | #- [edit]
hinata says..."Re: タイトルなし"
ynyanさん

こんにちは(*^-^)

ミルクを我が家に迎えることに関しては、
実はオットの方が積極的でした。
ミルクにNOと言われて
彼の方がちょっぴり落ち込んでいました。
私は、ミルクの気持ちに任せると決めていたので…。
そうですね…
いつか、ミルクの気持ちが変わって
私たちが帰る時に
後をついてくるようになったら。
また考えたいと思います('-'*)

<(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!!
鶯じゃなくて
メジロちゃんだったのですね~!
とんだ勘違いでした(≧∇≦)
教えてくださって、ありがとうございます(*´∀`*)
2011.03.01 11:41 | URL | #- [edit]
めり says...""
はじめまして♪
うちには5年前に保護した猫がいます。
たぶん彼女は外にいる時より幸せに暮らしてくれていると思っています。
もちろん私達家族も彼女が来てくれてとても幸せです。
ミルクちゃんもぜひ家族にしてあげて欲しいです。
そりゃあキャリーに入れられると嫌がるとは思いますが、外で暮らしていくよりはぜったいに幸せになってくれると思います。
よけいな口出しをして申し訳ございませんでした。
記事を読んでいて、こんなに優しいご夫婦の家族になってもらいたいな!と心から思ったものですから・・・(^^;
ごめんなさい!
2011.03.03 04:05 | URL | #- [edit]
hinata says..."Re: タイトルなし"
めりさん

はじめまして(*^-^)
コメント、ありがとうございました。

めりさんは保護された猫さんと
暮らしておられるのですね。
猫さんが愛され、幸せに暮らしておられる様子、
何だか目に浮かぶようです('-'*)

ミルクはいまのテリトリーである、
公園に程近い、畑のまわりの場所で
もう4年~5年ほど暮らしているようです。
私たちも、いろいろな危険と隣り合わせの、
いまの外での暮らしより、
私たちと暮らす方が幸せかな?と考えておりました。
ただ、慣れ親しんだ自由な環境から
マンションという密閉された環境に変わることにより、
ストレスを感じたら…という不安もまだ少なからずありまして…
仔猫のうちは環境の変化にも柔軟に対応できますが、
成猫になると変化がストレスになるということを
ミュウミュウの時に痛いほど経験しているのです(^-^;

今回、思い切ってキャリーを持っていき、
その結果無理をしないで様子を見ることにしましたが
ミルクにはこれからも変わらず週末に会いに行き、
もし、その時間の積み重ねの中で
ミルクが「そろそろ家族になってもいいよ」と望んでくれたら…
喜んで我が家に迎えたいと思います(^-^)

めりさん、ありがとうございました(*´∀`*)
もう少し時間をかけて…
ミルクとの関係を深めていきたいと思います。
めりさんとめりさんの猫さんが
ずっとずっと幸せでありますように!
2011.03.03 08:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://carinocarina.blog70.fc2.com/tb.php/94-a1805ebf
該当の記事は見つかりませんでした。